水素燃料電池 燃料:メタノール

当社より水素燃料電池をご紹介いたします。この水素燃料電池は、メタノールを燃料としており、まず、そのメタノールが改質器によって分解されることにより水素が得られます。次に、その水素を燃料電池セル・モジュール部で空気中の酸素と反応させることにより、電気が得られるという仕組みです。常温常圧で気体である水素を直接、燃料として保存する場合は、高圧ボンベでの保存になり、安全確保のため、特別に管理された施設での保存が必要になり、長期保存にも適しません。そのため、安定した液体であるメタノールを燃料とすることにより、特別な管理が不要で、安全かつ長期の保存が可能になります。

メタノールは化学産業の分野では非常によく使われる物質で、安定的に入手することが可能です。お客様からのご注文により、弊社より短納期でお届けいたします。

メールでのお問い合わせ info@variostor.com

「お問い合わせフォーム」はこちらをクリック。

お電話はこちら。087-862-5518